«前月 最新 翌月» 追記
2002|05|09|10|11|
2003|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|

lost luggages ねぶくろ 書簡
--sleeping bag・g-ism/ist--

07-05-2015 / Thursday [長年日記]

_ 当然、連休というのはないわけで、ずっと普通の日常だった。最近はできるだけ、こちらにあるもので、なんでも料理をするようにしている。当地のお料理も、ざっと香辛料や手順を聞いて、あとは舌の記憶やらを最大限駆使して、作っている。最近、一番美味しく出来たのは、川魚で作るカレースープ。ナマズに似たサカナで、適度に脂が乗っていて、蒸し料理やスープ仕立ての料理が有名。とても美味しいというだけではなく、とても安い。天ぷらふうに揚げるのも美味しいが、わたしは蒸し料理が好きだ。しかし、蒸すためにはとても大量の香草や香辛料がいる。香辛料はなんとかなっても、香草類は市場に出かけて揃えなければならないということもあって、家ではスープをよく作る。カレーを作るときのスパイスを全部3分の一くらいの量にして、すっきりと作るとおいしい。5月の初頭、そのつもりで魚コーナーに行くと、ものすごく新鮮で大きなサワラが入っていた。それで予定を変更して、一匹購入。内臓だけ出してもらって、丸のまま持って帰った。いえで2枚に下ろして多めに塩を振って、ほんの少しだけ天日干し。それから焼いた。この魚のおいしかったこと。また内臓に卵があったのを、持って帰ってきたのだが、これも塩をもっと多めに振って、たらこ風にしてみた。おいしい!魚はやっぱりおいしいなあと、仕事のしんどいこともしばし忘れて元気に5月を迎えたのであった。


12-05-2015 / Tuesday [長年日記]

_ 端的にいうと過労なのだろう。といっても発端は子どもの保育園。保育園で結膜炎みたいなものが流行りだした。順当に我が子も感染。兆候がでましたというショートメッセージをもらったので、仕事帰りに薬局で抗生物質入の目薬を購入。子供の目は真っ赤に充血していた。すぐに薬を点眼。手足を薬用石鹸でよく洗い、水分を多く取らせた。水分とどんな関係があるかはしらないけれど。翌日は、わたしは弁論大会の練習があったのでやすめず、子どもは保育園。こちらの保育園では、水疱瘡とかはしかとかでなければ、病気の子どもも預かってくれるし、薬も飲ませてくれる。夕方、帰宅した子どもの目は、ぐっとマシになっていた。と、さらに翌日。わたしの目が開かなくなっていた。とはいえ、今日は弁論大会本番、休まれへんがな…と大学へ。まあいろいろな悪条件が重なった結果だと思うのだが、翌日は完全に両目が塞がってしまった。しかも食欲もない。体中の関節が痛む。完全に何かの感染症にかかっているようだ。でも発熱はない。よほど強い結膜炎系の感染症だったのだろうか。熱もないし、肝臓がやられたときのひどい倦怠感もなかった。顔色も黄色くない。発疹もない。後頭部が若干痛むのが気になるが、もう諦めて終日、安静。その翌日も症状は変わらず。初めて自分の体調不良で授業を休む。都合3日間、ほとんど食事をしなかったため、ざっと4キロも痩せた。今はその影響もあるのか、疲労感のほうが大きい。だるいのとは違うので、やはり総合的に考えて、疲労蓄積のところに感染症が入ってきて、一気に炸裂したと結論づけた。いや、でもこんなことをしたり顔でかくよりも、一度、本格的な健康診断を受けたほうがよい時期だ。子どもが成人するまでは元気でいないと。


«前月 最新 翌月» 追記
2002|05|09|10|11|
2003|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|