«前月 最新 翌月» 追記
2002|05|09|10|11|
2003|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

lost luggages ねぶくろ 書簡
--sleeping bag・g-ism/ist--

04-06-2016 / Saturday [長年日記]

_ 先週の日曜日は子どもの友だちの誕生日パーティーだった。

ファストフード店でおこなう家庭も多いけれど、自宅でする人もたくさんいる。飾り付けもすごく凝っている。ドレスコードもあって、付き添いの親もそのとおりの格好で行かなければならない。先日のコードは上が白っぽい服、下がデニム系というカジュアルドレスコードであった。まず最初のケーキカットの儀式。30人くらい来ている友だちのお母さんたちの中から代表者が挨拶して、その人が宗教的な祝辞を述べて、みなそれぞれの宗教のお祝いの文句を唱える。それからケーキカット。このケーキがすごいのである。もしかすると日本でもこういう技法がすでにあるのかもしれないけれど、誕生日の本人の写真がケーキの表面にデジタルプリント?してあるのだ。もちろん食べられるます!30センチ角の大型ケーキを人数分に薄く薄く切って、全員分はあるまいと思っていたら、大人用の渋いチーズケーキも用意してあった。まったく同じ寸法。このケーキがどちらもすこぶる美味しいものだった。敢えていうならば、ヨーロッパでわたしが食べたどんなケーキよりも、もちろん日本やその他の場所で食べたいかなるケーキよりもおいしいものだった。びっくりした。ケーキって、おいしいんだなあ~とひたすら感激して、われわれ親子はひとりあたり二回もケーキを食べてしまったほどであった。聞けばこのケーキ屋は伝説の店で、半年前に予約しても遅すぎるほどなんだとか。しかし値段は、モールなんかで大きな顔をしているケーキ屋なんかよりもはるかに良心的な値段であるという。支店を構えない方針で、店の規模もガレージ程度の店舗で奥が工房だとか。

でケーキの他にももちろん美味しい食べ物がたんとあった。珍しい料理もたくさんあって、ほとんどがローカル料理なのだが、ナポリタンスパゲティとスコッチエッグがあった。をを!と食べてみたら、これがまたおいしい。。某国だって、ほんといろいろあるんだな~としきりに感激した一日だった。とにかくなにもかもお料理がおいしくて、未だに余韻に浸っているわたし。。


06-06-2016 / Monday [長年日記]

_ 6歳の6月6日からお稽古を・・・とずっと前から思っていたのだけど、結局叶わず。でも今年中になんとか子どもにピアノを習わせるべく、がんばりたいところ。

アリス・イン・ワンダーランドとかその続編の鏡の国編とか、当地でも公開されたのかまだなのか判然としないというのに、なぜかブートレグ屋ではもう出回っているわけです。ほんと、不思議。ジブリのかぐや姫の物語も、つい先日、なぜか店頭平売りで、出回っていた。大方、映画チャンネルか何かで放送されて好評だったのではなかろうかと思う。

最近、よく家で食べる料理は、一見、手抜き、実際、手抜き、なのにどんなに手をかけて作った料理よりもおいしいという不思議料理。その名も「白菜春雨鍋」である。材料は、白菜、緑豆春雨、あとは適当にしいたけとかもやしとかほうれん草とか豆苗とかすぐに煮える野菜類と、手羽先とかちょっと骨が入っている鶏肉だけ。最初に水少なめで鍋で中火にかけ、沸騰してきたら、ごま油少々、醤油とか老酒とかみりんぽいものとか適当にすべて大さじ1程度入れる。それから様子をみて、スープの元とかそんなのを少し入れたり入れなかったり。どんどん煮立ってきたら、緑豆春雨とほうれん草を同時に入れる。春雨がやわらかくなったら、火を止めて適当に切ったネギをざっくりと入れてふんわりかき混ぜる。できあがり。ただこれだけなのに、おいしくて、体が温まって、とても幸せな気持ちになる。豆腐を入れてもおいしい。

今日は、魚肉かまぼこ系ローカル練り物と豆腐とほうれん草しかなかったのだけど、春雨と鶏肉、そして白菜だけでも普通においしい。こういうあっさり料理がやっぱりいちばんおいしい。料理ともいえない簡単さなのだけど、子どももよく食べる。

もう学年末試験が始まっている。ことしの3回生は着任して初めて教えた学年であり、贔屓目もあるのだろうけど、全体的にバランスよくみなよくできる。なので、思い出にということもあって、卒業文集を作ることにした。勤務先の大学では、4回生になるともう必須授業はないし、ゼミもないし、選択科目だってつまらないものばかりになる。だから3回生時点での学力がピークなのである。4回生になると、もうだめになってしまう。こういうのをなんとかしてあげたいとずっと思っているんだけど、なんともできないということが3年がかりでわかった。せめてもと思っての文集作りである。みんな卒業しても元気に頑張ってほしいなと思っている。


16-06-2016 / Thursday [長年日記]

_ こちらに来る前に二本買ったパンツ、ほとんど毎日、交代ではき倒した結果、3年半で膝が抜けてしまった。本当によくはいた。普通のベージュのチノパンは、昔懐かしいDO!Familyのものみたいな感じで、もうひとつのもう少し茶色いものはフレンチウォルナットという色名とかで、黄色いチュニックと合わせてよくはいたものだった。上が濃い色でも薄い色でもなんでも似あったので、着回ししやすくて、本当に重宝した。同じものを買おうと思ったのだけど、もう色番が変わってしまっていて、デザインは同じでも、色がなくなってしまっていた。それでユニクロのパンツを買ってみたら、をを、はきやすいことこの上ない。色がやっぱり若干のダサさを伴うのはもう仕方がない。それでも今、ほとんど毎日のようにはいている。今、このユニクロさんと着回しのローテーションを組んでいるのは、こちらで買った細かい花模様の細いパンツさんだ。これは白黒なので、上が淡色のときはよくはいている。で、このパンツに合わせるために、単色のチュニックを二枚買った。安物だけど、とにかく縫製がしっかりとしている。体型カバー機能はなく、とにかくシンプルにすとんとしていて、一枚でしっかりとおちつく布でもあるから安心して着られる。年取った妊婦さんみたいには見えないところが気に入っている。またそれ一枚でしっかりと決まるチュニックなので、カーディガンとかそういうのを合わせる必要もない。でもあまりにもシンプルすぎて辛気臭い感じになってしまうため、スカーフをあれこれ巻いている。ほとんど毎日、そういう服を着ている。もうおしゃれとかそういう次元の話ではない。とにかくずっと同じ服を着回ししている。いわば制服である。個性とかそういうのはみじんもない。そういう毎日なので、今日、久しぶりにあった人に、「いつもスチュワーデスさんみたいですね」と言われたのであった。判で押したようにしっかりと崩れないように巻いているスカーフとか、屈んでも両手をあげてもどこからも何も見えない服とか。要するに、仕事着である。なので、勝手に仕事がよくできるイメージだ!と受け止めることにした。ただし、制服美とかコスチュームの色気とかそういうのも一切なし。これでいいのである。


«前月 最新 翌月» 追記
2002|05|09|10|11|
2003|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|