«前の日(11-19) 最新 次の日(11-21)» 追記
2002|05|09|10|11|
2003|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|

  1. ラギ (11-20)
lost luggages ねぶくろ 書簡
--sleeping bag・g-ism/ist--

20-11-2004 / Saturday

_ 衣替え。

去年は好きだったcssですが、今年は暑苦しく感じる。。しかしもう時間もないので、これで年を越すことにします。

_ トランジットで豪華ホテルに泊まることにした。お昼まで時間をつぶさないといけないので、どうせなら思い切り街中でと思って。久しぶりの豪華ホテルなので、楽しみ。このホテルは何度か泊まったことが実はあるのだが、問題は高価なくせにバスタブがないこと。シャワーブースしかない。それがちょっとつまんないのだが、朝ご飯はとてもおいしい。毎日だと飽きると思うが、一日だけの贅沢だ。今回は全行程、かなりハードシップな旅に「する」ので、最初の日と最後の二日間だけ、よいホテルに泊まる。一人で泊まるのはもったいないともいえるが、贅沢なホテルには一人で泊まるに限る。逆立ちしてもでんぐり返りしても、誰にも文句を言われない。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ ラギ [おお、衣替え!素晴らしい。とうとう出発ですね。気をつけて。豪華ホテルの時間を存分にお楽しみください。]


20-11-2006 / Monday

_ 査証届いたとのこと。

_ 喉と鼻がへんなので、なにを食べてもなにがなんやらわからない。

_ いろいろ。転出届けとかなんやらかんやら。

_ またややこしいことをいわれる。その感覚が理解できない。理解できないわたしがだめなのか。


20-11-2012 / Tuesday

_ 資格試験の合否は、来月末に出される。といっても、この資格は民間の資格なので、国家資格ではない。規定の時間数、その資格の勉強をしたことがすなわち、一種のお免状を兼ねるようなものである。某先輩が上手いことを言ったものだが、「つまり、博士課程の単位取得退学やね?」。ずばり、そのとおりである。

そういうわけで、お免状を手に、わたしは地域の活動団体にさっそく登録に行ったのであった。まあ役に立つのか立たないのかといえば、立たないほうになる。しかし、自画自賛だが、なにがしかの達成感を覚えている。なんでもがんばればできるんだなあという、ありきたりのものではあるが、素直にうれしいなあと思っている。地域の活動は、できるだけ楽しく、関わっていこうと思っている。リラックスして、ちょっとずつがんばっていって、自信をもてるようになれればなあと思っている。


20-11-2017 / Monday

_ 相変わらず、蒸し暑い毎日。そろそろ引越しの用意をしはじめている。まずはあまり愉快な職場ではなかったところの荷物を早々と整理しはじめているのは、今日は同僚たちが一斉にお休みで、わたし一人しかいないからであったりする。12月はじめにあるにほんごのしけんが終われば、もっと時間ができるので、アパートの片付けをと思っている。アパートについては、ほとんどの荷物が子どもの絵本とか勉強の本。服はわたしの服に関しては思い切って処分していく予定。調理具なども、ごくごく一部を除いてはすべて処分の予定。もともと、ほとんどなにももってこなくてもだいじょうぶだったからというのもある。アパートになんでもあった。その中で今度の赴任地にもぜひとも持っていきたいと思っているものが実はちょっと厄介なのであった。全部で3つある。ひとつは、セラミックの土鍋。この鍋は、来た当初、ホームセンターみたいなスーパーで思いがけない安い値段で購入した(のだとあとで知ることになった)。本当の値段の6割ぐらいの値段で買ったようだった。ものすごくごはんがおいしく炊ける。蓋は、ちょっとやそっとの沸騰ではぐらりとも動かないくらいに重い。本体の重さもすごい。これをどうやって運ぶのか。。あとのふたつも実は割れ物である。ひとつはフレンチプレスポット。とにかく使い勝手がよい。シンプル。飽きない。もうひとつはステンレスの漉し器がついているコーヒーポット。フレンチプレスでコーヒーを淹れればよいじゃないかとも思うのだけど、こちらはティーポットにしていて、もうひとつはコーヒー専用。とにかくどちらもものすごくおいしくお茶やコーヒーが淹れられるのである。手荷物にするか・・・それしかないなあと思いつつも、ものすごく高価なものではないのだから諦めて置いていくべきものなのかもとも思案中。当地では、ほとんどなにも買わなかった中で、コーヒーとお茶だけはよいものを選んでいた。それだけがほとんど唯一の楽しみであった。それを思えば、なにかひつとくらい思い出として持っていくべきなのではないかとも考えたり。

昨日は、わりと頻繁に足を運ぶギャラリーで、インスタレーションを楽しんだ。むかーし、ジョン・ケージのサウンドインスタレーションを何度か見に行った(というか聞きに行ったというべきか)ことがあった。そういうのとちょっと違うけれど、一種のインスタレーション。面白かった。夜道を子どもと一緒に歌を歌いながら帰宅。おもしろかった。今度の街でも、いろいろな催しものに足を運びたいなあ。


«前の日(11-19) 最新 次の日(11-21)» 追記
2002|05|09|10|11|
2003|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|