追記
2002|05|09|10|11|
2003|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|

lost luggages ねぶくろ 書簡
--sleeping bag・g-ism/ist--

16-01-2018 / Tuesday [長年日記]

_ あと10日ほどで当地を去る。お正月は子どもとふたりで地方を旅行した。とても楽しかった。山に登ったり、川を渡ったり、船旅で風に吹かれたり。子どもは船の上で8歳になった!光陰矢のごとし、少年老い易く学成り難し。

首都に戻ってからは、わたしも子どももそれぞれ日常生活へ戻った。荷物の発送とかもろもろで、今、アパートの部屋はしっちゃかめっちゃか。とはいえ、一年弱の生活であったから、残すべきものよりも、捨てるものが多く、来たときよりも少ない荷物で帰ることができそう。子どもの本だけは、新しい任地へ別送する予定で、あとはお土産とかそういうもろもろのみだ。

昨日の夜は、先輩某氏と某国時代に知り合った院生とで食事。院生さんとは、一昨日の夕方、わたしと子どもが早めの夕食代わりに食べていたパンケーキ屋の前でばったり偶然、出会った。わたしたちはお店(ガレットとパンケーキの店)のウィンドウの前のテーブルに、横に並んで食べていた。すると、知人の院生さんそっくりの青年が、ここに入ろうかなどうしようかな、といった風情で、表に出ているメニューを覗きこんでいる。ああ!あれは!と、フォークを持ったまま、わたしはそとへ飛び出した。果たしてやはり、知己の院生さんだった。えええー!どうしてこんなところに!という驚きは双方にあったとは思うのだけど、なんとなく想定の範囲内のような落ち着きを保ちつつ、テーブルに招いて、しばし談笑。某国へ行くついでに観光に来た・・・なぬ!ついでどころが、まったく方向が違うじゃないの!などと高らかに笑いつつ、時間を過ごした。結局、わたしと子どもはそのとき食べていた早めの夕食を、おそいおやつであると決め、院生さんにローカルフーズの名店を案内し、一緒に夕食を食べた。欧米人ばかりの当地では、カフェに入ったりするのも勇気がいった様子で、おいしそうになんでもきれいに食べてくれた。帰り際にまた次の夜も一緒に夕食を食べるという約束をして、今度は先輩某氏を院生さんに紹介。ふしぎな旅の空の二日間だった。次にここへ来るときはわたしも旅人である。子どもは早くも夏休みには必ず当地へ来たいと宣言した。またこれたらいいな。


02-01-2018 / Tuesday [長年日記]

_ あけましておめでとうございます。当地にて最初で最後の年末年始。それなりに楽しく過ごすことができたので、◯!みなさまにとっても、よい一年になりますように。

_ 大晦日はこどもとふたり、紅白歌合戦を楽しんだ。子どもとわたしのベスト:星野源、エレファントカシマシ、平井堅、Superfly、椎名林檎&トータス松本、松たか子、安室奈美恵、桑田佳祐。引っ越しの荷造りをしつつ、子どもと歌ったり踊ったり。

元旦は朝から市内の名所を巡礼。子どもとふたりで、市内各地を散策。午後は、凸凹時代の先輩宅で新年会。

今日二日は、子どもは朝から溜まっていた冬休みの宿題、わたしはメールを書いたり、荷造りをしたり。

荷造りとはいえ、別段、ものすごい荷物があるわけでもない。ほとんどの荷物は子どもの本で、わたしは今回、本はすでにすべて先輩宅へ運んだ。使わなかった食材なども一掃した。あとは冷蔵庫の食材を消費する方向で、行こうと思っている。なにしろふたり合わせて60キロにしなければならない荷物である。恐らく、10キロくらいはオーバーするだろうなあと予想している。某国へ帰ったらまずはいろいろ会うべき人に会って、片付けものの予定。ちょっと気が重い。しかし、である。今年はとにかくいい一年にしようと思っている。一所懸命がんばって、これからの10年を楽しく過ごすことができればいいな。子どももわたしも、病気をしないで元気に過ごしたい。それだけだ。


29-12-2017 / Friday [長年日記]

_ 今年もあと2日で終わり・・・。早かったなあ。

そして次の引っ越しまであと一ヶ月を切っている。一旦、某国へ戻って、あれこれ片付けて、それから日本へ帰国の予定。来週はやっと国内旅行。この10ヶ月、何と言っても首都から全然外出していないって(笑)、どういうこっちゃ、である。昨日は仕事納め。3日までのんびりの予定。とはいえ、子どものお尻をたたいて、冬休みの宿題をさせる毎日になりそうではあるのだが。

_ ところで、ご近所さんのKちゃん。ちょっとお金持ちの家の子で、いろいろと迷言が多く、どちらかというと少しセルフィッシュなところも多い。そして、かなりのおしゃまさんということもあって、わが家ののんびりさんの子どもに、いろいろな新しい情報をインプットしてくれている。そういうあれこれが、わが子にはちょっとついていけないところがあるらしい。でも、基本的についていきますタイプの子ども、今まで特に文句もなかったようだった。先日、初めてわが家で遊んで晩御飯も食べていったKちゃん。自分のアパートとわが家のアパートの違いをよくよく観察した結果なのだろうか、わが子に対しては、今までもよりももっと強く出てもいいと思ったのかもしれなかった。ある日、Kちゃんのお母さんが仕事の打ち合わせで遅くなるから、わが家に一緒に連れ帰ってほしいという。それなら、家に戻りつつ、外で夕食を食べてアパートで遊べばいいと思った。一応、Kちゃんにどんなものが食べたいかを尋ねた。すると、どちらかというと居酒屋として有名な日本食料理店の名前をいう。内心、ええ、そんなところで何を食べるの?と思ったわたしは、ああ、そうなの、どうしようか、今日は仕事納めだから、会社帰りの人も多いだろうし、どうしようか。。とか言いながら、別のフレンチレストランへ子どもたちをそれとなく誘導したところ、えらいことになってしまった。

Kちゃんはここはいやだといって、ひとりくるりと背中を向けて来た道を戻ろうとする。仕方なく、わが子もKちゃんを追いかけ、わたしも一緒に来た道を戻り始めた。しばらくして交差点で、居酒屋の方へ猛然と向かうKちゃん。子どもの気持ちがわからないわけではないけれど、居酒屋へは自分の子どもを連れて行きたくないという気持ちもあった。Kちゃん!こっちだよー、こっちから帰ろう~と、再度、子どもたちを誘導。しぶしぶついてくるKちゃん。わが子はそんなKちゃんにぴたりと寄り添っている。うーむ、これならなにかテイクアウトして帰ろうと考え、よくいく食堂に向かった。注文を終え、ここでできるまでちょっと座って待とうねと、子どもたちに声をかけて、一番出口に近い席に座ろうとすると、Kちゃんは絶対、店に入るのは嫌だという。そうなんだ、でも、お店の入り口にそうやって立っていると、他のお客さんが入りにくいよね、ちょっとこっちにおいでよ・・・ということばも完全スルー。なにやら、帳面に必死に書き付けている。ここへ来て、やっと子どもに、Kちゃんどうしたの?と聞くも、子どももなぜか悲しそうな顔をして口を開かない。Kちゃん、どうしたの?ケンカでもしたの?なにか嫌なことがあったの?・・・なにを尋ねても、横一文字に唇をしっかりと閉じ、首を横にしか振らない子どもたち。と、わが子が紙切れを手にしていた。なにそれ?と見てみると、Kちゃんからわたしへのメッセージ、であった。「ママのところに帰ります」と。

なんだかわからないけど、そういうことだったら、送っていくからひとりで帰らないでね、もう少ししたらテイクアウトができるから、と説明。はよしておくれー、とお店の人に声をかけつつ、子どもたちがまた走って言ってしまわないよう目で牽制する。死ぬほど長い時間が過ぎたような気持ちさえした。そこからまた歩いてお母さんの会社へ戻る3人である。

無事に、Kちゃんを仕事中のお母さんに引き渡し、じゃあーねーと、手を降って別れた途端に、泣きじゃくり出すわが子。。一体、何があったの?どうしたの?と子どもに尋ねると、Kちゃんは、さっき、わたしが子どもたちをそれとなくフレンチレストランへ誘導したとき、子どもにこっそり耳打ちしたのだという。「おめえのかーちゃん、つまんねーよ。うちのママとぜんぜんちがう、つまんねー」と。Kちゃんの言葉遣いはそのままお母さんの言葉遣いと同じかというと、恐らく、それは違うのだと思う。とはいえ、わが子に対しても遊んでいるときに、もちろんふざけてではあるが、「てめー、ころすぞー」などということもあって、ギクッとすることはあった。

たまたま、いくつかのうまく運ばないことがあって、今回、Kちゃんのお母さんにはお世話になったし、お互い、仕事をしている母親ということで、助け合って、わたしが休暇に入るまでの短い時間を融通し合った。お母さんは、おとなだから、少なくともわたしの前ではきちんとした言葉遣いをしているし、わたしも必要以上に砕けた関係にならないように接していた。

しかしそう母親同士の表面的な付き合いが、もしかするとKちゃんになにか思わせることになっていたのかもしれない。Kちゃんの周りにいる他の日本人の大人とは違うように映ったのかもしれなかった。

しかしKちゃんのことはさておき、わが子である。子どもは、いつも仲良く遊んでいたKちゃんが、わたしに対してそのようなことを口に出したということで、ショックを受けたようだった。とにもかくにも、わが子である。わが子をしっかりと抱っこして、泣き止ませ、一緒に手をつないで、一番近くにあったホテルに向かい、洗面所で顔をきれいにして、ふたりでまだ入ったことがなかったレストランに行くことにした。まずいということで有名なそのレストランには、日本人は絶対に行かない。そこにあえてチャレンジしてみようと、子どもを誘ったのだった。子どもは表面的には少し気を取り直したようで、ふたりでクスクスと笑いながら、走ってお店に向かった。そのレストランは噂に違わず、まずいお店だった。出されたものはかならず食べることを信条としてきたわたしは、恐らく、有史以来初めて、出されたものを半分以上残した。まずいまずいとふたりで笑って言い合いながら、家に帰った。そして一緒にお風呂に入って、ベッドで絵本を読んで、それから子どもの不安を解消するように、今日の出来事について、できるだけ客観的に子どもと話をした。それからまた少し、絵本を読んで、子どもと一緒に眠りに落ちた。子どもは夜中に何度か、夜驚のように飛び起きた。そのたびに、しっかりと子どもを抱きしめた。

子どもを育てていると、いろいろなことが次から次へと起きる。今日のことは、恐らく、これからもいろいろな形で起きることの始まりだったのだと思う。わたし自身は、子ども同士が仲良く遊んでいるときには、子どもたちだけで遊べばいいと思っている。子どものことを考えていないわけではないが、迎合するのも違うと思っているので、面白おかしく、子どもに接するということはない。わが子と一緒のときはどうか。高齢出産の子どもであるから、子どもが成人するまで自分が生きているだろかとか、兄弟もいないからひとりで生きていかなければならないだいじょうぶかなといったことを考えれば、できるだけタフに生きほしい、タフに育てようと思っているということはある。だからといって、突き放しすぎているということもないとも思う。平成のママではないけれど、昭和のお母さんではあると思う。昭和のお母さんが平成の時代にママになったのだ。そういう付き合いを子どもとしている。子どもには、いつも「ママは◯◯ちゃんのドラえもんだよ。◯◯ちゃんがしっかりとした人になったら、いつか未来へ帰って行くからね」と話している。いつか親子の別れはくる。その時までは、力を抜きながらも、子どもを守るということだけ考えて生きたい。できることも時間も限られているのだから。

Kちゃんは先日の出来事を、お母さんには説明していないのだという。そして、Kちゃんの母親もなにがあったのかについて、Kちゃんには聞いていないという。そういう家もあれば、そうでない家もある。そのとき、そのときで、自分の子どもに必要なサポートをするようにしていきたいと思った。


15-12-2017 / Friday [長年日記]

_ あっという間に師走も半ばを過ぎつつある。12月はあれこれと来客があったりクリスマス会があったりで土日も忙しくしていた。外食の機会もたくさん。。。美味しい食べ物がたくさんある土地だが、いくつか「名所」とも言われるくらいに有名なレストランがある。地元の人も来るようなお店だ。われわれはそのレストランに、このところ、毎週一回は訪れている。とにかくおいしい。料理がおいしい。デザートがおいしい。コーヒーもビシっと苦く、ものすごくおいしい。しかしわれわれがこのレストランを好きな理由というのは、ここの値段が本当に安いからなのであった。シーフードサラダ、スフレ、ビザ、チキン、ビーフステーキ。美味しすぎて子どもとふたりだけなのに、毎回、ビシバシと食べている。この地を去るにあたり、このレストランと別れなければならないのが一番、さみしい。

子どものクリスマス学芸会はこのあたりのインター校ではもっとも遅く、来週末金曜日にある。子どもは今学期、アフタースクールプログラムでボリウッドヒップホップダンス!をやっていた。それでその発表会があるのだとか。そしてその衣装を聞いてぶったまげたわたしである。ちょっと発育のよくなりつつある子ぶたの子ども。夫が聞いたら、絶対学校を辞めさせるような衣装なのだとか。まあ、とにもかくにも、なんとかがんばってもらうよりほかない。

そういうわけでクリスマスが終わればこちらはもう引っ越し準備本格化の予定の年末年始です。


20-11-2017 / Monday [長年日記]

_ 相変わらず、蒸し暑い毎日。そろそろ引越しの用意をしはじめている。まずはあまり愉快な職場ではなかったところの荷物を早々と整理しはじめているのは、今日は同僚たちが一斉にお休みで、わたし一人しかいないからであったりする。12月はじめにあるにほんごのしけんが終われば、もっと時間ができるので、アパートの片付けをと思っている。アパートについては、ほとんどの荷物が子どもの絵本とか勉強の本。服はわたしの服に関しては思い切って処分していく予定。調理具なども、ごくごく一部を除いてはすべて処分の予定。もともと、ほとんどなにももってこなくてもだいじょうぶだったからというのもある。アパートになんでもあった。その中で今度の赴任地にもぜひとも持っていきたいと思っているものが実はちょっと厄介なのであった。全部で3つある。ひとつは、セラミックの土鍋。この鍋は、来た当初、ホームセンターみたいなスーパーで思いがけない安い値段で購入した(のだとあとで知ることになった)。本当の値段の6割ぐらいの値段で買ったようだった。ものすごくごはんがおいしく炊ける。蓋は、ちょっとやそっとの沸騰ではぐらりとも動かないくらいに重い。本体の重さもすごい。これをどうやって運ぶのか。。あとのふたつも実は割れ物である。ひとつはフレンチプレスポット。とにかく使い勝手がよい。シンプル。飽きない。もうひとつはステンレスの漉し器がついているコーヒーポット。フレンチプレスでコーヒーを淹れればよいじゃないかとも思うのだけど、こちらはティーポットにしていて、もうひとつはコーヒー専用。とにかくどちらもものすごくおいしくお茶やコーヒーが淹れられるのである。手荷物にするか・・・それしかないなあと思いつつも、ものすごく高価なものではないのだから諦めて置いていくべきものなのかもとも思案中。当地では、ほとんどなにも買わなかった中で、コーヒーとお茶だけはよいものを選んでいた。それだけがほとんど唯一の楽しみであった。それを思えば、なにかひつとくらい思い出として持っていくべきなのではないかとも考えたり。

昨日は、わりと頻繁に足を運ぶギャラリーで、インスタレーションを楽しんだ。むかーし、ジョン・ケージのサウンドインスタレーションを何度か見に行った(というか聞きに行ったというべきか)ことがあった。そういうのとちょっと違うけれど、一種のインスタレーション。面白かった。夜道を子どもと一緒に歌を歌いながら帰宅。おもしろかった。今度の街でも、いろいろな催しものに足を運びたいなあ。


追記
2002|05|09|10|11|
2003|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|